2007年02月28日

【お宝映像】スーパー○○で、「どーん!!どーん!!」

昨日の「ぷっすま」の映像。

ギリギリマスター「江頭がダンクシュート、失敗させた人がまけ」

江頭は神の領域に!!ちょい長めの10分です。

posted by wind at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月26日

【お宝映像】スノボーに○○着けたら?

YouTubeにはまっているこの頃。

スノボーにロケットを着けたらどうなるかご覧下さい。

笑えます。。

posted by wind at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月25日

【お宝映像】○○はみれば納得!!

タカアンドトシの漫才は、一級品
 〜あのヤスキヨを思わせるテンポとネタで王道漫才を行く〜

大いに笑ってください。笑う角には福来る。

posted by wind at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月24日

【お宝映像】☆☆ロケット

エスパー伊東が人間ロケットに挑戦!!

抱腹絶倒、これを見たら笑いが止まらなかった。一度、人間ロケットやってみてえーーー!!

posted by wind at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月23日

【お宝映像】超人技!!○○から煙が出る?

江頭2:50のお知りから、煙が・・・。

実際にみたいような見たくないような。超人技とはこの事だ!!

posted by wind at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月22日

【お宝動画】本番中に拳銃男が○○を襲う!!

まじどっきり。

ちょっと長い動画ですが、田中のマジ顔をお楽しみください。

posted by wind at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月19日

ホワイトデイ

ちょこっと、チョコはいかが?

今日は、お口直しにチョコレートをどうぞ!!

ついでに語源も覚えておこう。(ひょっとして使えるかも。)

※チョコレートの語源は、メキシコインディオで「苦い水」という意味の「chocolatre(ショコラトール)」。
ショコラトールは、メキシコ原住民の間で薬用飲料として飲まれていた香辛料を入れた飲み物で、固形ではなく甘くもなかった。
チョコレートは世界に広がり、改良が重ねられ、現在のようなチョコレートとなった。
近世後期には、オランダ語で「ショコラート」と呼ばれ、明治期にはドイツ語で「ショコラーデ」、フランス語で「ショコラ」と呼ばれるようになった。
チョコレートが日本へ入った1715年(正徳5年)には、「チョクラーツ」と呼ばれていた。
1877年(明治10年)には「貯古齢糖」の名で発売されたが、「牛の血が混ざっている」と噂され、売れ行きは悪かった。
チョコレートが日本で人気菓子となったのは、1918年(大正7年)、森永製菓(今話題の)が本格的な製造をした以降のことである。

焼き菓子なのにフィリングのチョコレートは柔らかくて生チョコタイプのタルト



オレンジピールやチョコをいれてとよ型で焼いたアーモンド風味のチョコレートケーキ



生産国:ブラジル
加工製造:焙煎工房やんじーにょ
コーヒー豆 100g



内容量:100g×5枚
へーゼルナッツ、エクストラ、ミルク、ビター、アーモンドの5種



ピュアココアパウダー(カカオパウダー)

posted by wind at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月18日

それでもボクはやっていないってば!

今日こんな記事を見つけた。少し長いが、読んでみて欲しい。


朝の通勤ラッシュ時に突然痴漢に間違えられ、長く困難な運命を辿ってしまう男性を描いた映画『それでもボクはやってない』が現在公開中だが、他人事とは思えない内容に関心が集まっている。

そこで、世間の男性が、どのような痴漢“疑惑”対策をしているのかを徹底調査。

対象としたのは、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)在住の10代(高校生以上)、20代、30代、40代の男性各100人、計400人。

 1位に輝いた対策は「両手でつり革をつかむ」という行動。

また、それを象徴するかのように2位には「両手を見えるところに出しておく」、4位に「手(腕)を組む」という対策方法が上位を占め、“手”をアピールするということが大事であることがわかる。

その他にも「新聞や本を読む」という手段で、さりげなく「私の両手はココですから!」ということをアピールするスマートな方法も見られた。

 そして、3位には「女性に近づかない(ように気を配る)」というコメントがランクイン。

やはり、「火のないところに煙は立たない」ではないが、疑われる原因となる「女性」にそもそも近寄らないという手段も効果的だ。

同じように「早起きをして、空いている時間に乗る」という慎重かつ最も安全な意見も寄せられ、できる限り“疑われない状況作り”を模索している人が多いことがうかがえる。

 また、立っているときに主に何をしているのかということも事前にアンケート。

「漫画を読む」や「携帯電話をいじっている」という声が半数を占め、ここでも“手”を使う動作が行われていることを多数確認することができた。

しかし「音楽を聴く」、「広告や外の景色などを見ている」といった“立ちつくし状態”の人も多い。

ラッシュアワーなどでは、このときポケットに手を入れておくなどの手段をとっておかなければ、いつ疑われるかわからない恐ろしい状況だ。

 痴漢やセクハラなどの問題はすでに社会問題で、映画のように「やってない」という一言で全てが終わらないのが事実。

一生を左右しかねない問題を起さないためにも、いつ自分が疑われても困らないように、最低限の対策と日頃からの痴漢対策の意識が大切だ。


どうだろう。

男性諸君には、身に覚えがあるだろう。

私も、数回、奇異な目で見られた経験がある。しかも決まって、あまりおきれいでない方が多かった。

私も「あなたには・・」とう言葉をぐっと飲み込んで、知らん顔をしていた。

とにかく、女性が男性に痴漢しても、文句は言わないだろう。(痴女にあってみたい。)

男性が男性の場合は別。多分しばく。

君子危うきに近寄らずということで、朝は、かなり早い電車で、そういう疑いもかけられないようにしているのだが、電事故の時が大変。

そもそも、人があふれかえっていて、ぎゅうぎゅうの電車で手を上に上げられないこともある。

そんな時は、なるべく女性のそばには行かないようにしているのだが、運悪くそばに行った場合は、最悪。

とにかくかばんを抱え、耐える。

でもかばんを抱える手が女性の背中にあたることもある。(手の甲)

それが電車のゆれで、多少上下する。

すると、必ず、冷たい視線を感じるのだ。

ドアがあくと一目散に改札にダッシュ!!何で悪いことしてないのに、1駅前で降りなければいけないの。

男性は弱い生き物なのだ。
posted by wind at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月17日

たけのこの里は蛾がいっぱい!!

たけのこの里では、たけのこではなく、蛾がとれる。

明治製菓のお菓子の中に、蛾の幼虫が混入・・・。

何も驚くことはない。

業界はどこも同じ。

不二家は氷山の一角!!

テレビのデータ捏造・やらせもどこでもやっているに違いない。

所詮、企業は、消費者のことはほとんど考えていない。売れればよいとしか考えていない。

特に、昔ながらの会社は特にそうだ。昔から、そのようなことは行われていたはずだ。

昔はそれが通用した世界だ。

社会が変化したことに気づかないまま現在を向かえたために、そのつけが一気に噴出している。

明治製菓の謝罪の中に、「健康への影響はないと思いますが、・・・」とコメントしている。

まさに他人事。

その蛾の入った菓子を、健康に影響がなくても食べられますか?自分に問題を置き換えてないから、いえる言葉。

不二家の場合も、聞いた話しでは、チョコかケーキかに、虫が入っていて、連絡したところ、家まで謝罪に来たらしい。

でも、同様に、「健康には影響ない・・・」と言ったらしい。その人に、では、この場で食べてくれというと、「それはちょっと」と言ったらしい。

まさに同じこと。

昔、バイトで、仕出弁当つくりをやったことがあった。バイトは、夜12時ごろから6時ごろまで、数人の正職員とバイトで弁当を作る。

バイトはモラルが低く、床に落ちたものも平気でひろって入れる。手を洗った後の洗剤が残ったままの状態で、食材を入れる。

つまみ食いは日常茶飯事。なんせ夜中のバイトなので、腹が減る。

当時若かった私も、同様のことをしていた。


バイトが終わって、お金をもらっても、罪悪感はまったくなし。

今から考えると、恐ろしいことをしていたものだ。

でも、そのバイトから得た教訓が1つあった。

それ以降、仕出し弁当は、一切食べなくなった。


posted by wind at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月14日

予定より1回早かった。

ブログを書き始めて、2ヶ月が経過した。


最初は、意気込んで書いたが、すぐ「ネタ切れ」状態。


小説風に、書いてみたが、50回の予定が、49回で、「さすらいの銀次郎」も第一部が終了した。

昔の証券会社の営業のすさまじさを少しでも表現できただろうか。

書いていると時の自分を振り返ると、なんだか昔の営業時代を思い出した。最初は勢いよく書いて、いくらでも書けるのだが、だんだん日々の記事を書くと言う「ノルマ」に追われていた。

なにかが違う。

よし、ここで方向転換をしよう。

どうせ自分が好きなことをかくブログなのだから。

「さすらいの銀次郎」の第二部はまた、気が向いた時に書き始めよう。

明日からは、もーっと好きなことを適当に書こう。

そうきめた。

明日から、リニューアルしよう!!

そう言いながら、ページ稼ぎをしている自分に乾杯!!

今日の一言

「交渉を、高尚に進める北朝鮮」

「業界は、みんなやらせだ、ほーーーーそうかい。」

おそまつ。
posted by wind at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。