2007年02月01日

さすらいの銀次郎(44)

なんかいやーーーな感じがしたが、その本人曰く、「本店の客には、一切手は出さないから、安心してくれ。」みたいなことを言われた。

しかし、何度も煮え湯を飲まされているし、簡単には、信用できるはずもない。それにどれだけ客を抜かれているかわかったものじゃない。

翌日から、本格的に引継ぎをおこなったが、やはり中身はかなりいびつな感じだった。預かり資産の金額だけは、多かったが、確定利率の現先取引が数億とか、売買しないで置いてあるだけの株券数億とか、客の数は少なく1人(法人)あたりの金額は大きい。

最初の支店では、自分の作った客で、ピストルで撃ち合っていたようだったが、ここでは、大砲一発という感じだろうか。

ある意味、非常に限られたパイの中で、でかい金額で勝負しなければならない状況であった。

それとなく、どれくらい客が抜かれているかを聞いてみたが、ファミリーの結束は固く、新参者には教えてもくれなかった。

でも、かなり抜かれているのだろう。引き継ぎしていてもかなりやばい状況が伝わってくる。引継ぎの挨拶に行っても、目と鼻の先の支店だから、あんたがくればいい。と露骨に前任者を指名する客もいた。

とにかく3日かけて引継ぎを行ったが、ほとんど言うことを聞く客はいない。これで営業もくそもあるもんか。と思ったが、その言葉を「ぐい。」と飲み込み、明日からの営業に備えた。

翌日から、主要な客には改めて挨拶に行ったが、前任者が開拓して作った客のため、かなり警戒心が強かった。
posted by wind at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。