2007年02月12日

親父の容態が悪く、実家に戻っていたため、このブログをかけませんでした。

今回、見舞いで実家に戻り、病院にいったことで、「死」について身近に考えさせられました。

実際は、まだ死んではいません。

でも、やせ細った姿を見て、身につまされる思いがしました。あんなに元気で、えらそうなことばかり言ってた人間が、弱気の言葉ばかり。

食事も喉を通らないようで、ほとんど食べない。

そんな姿を見ていて、自分が死ぬときはどんなのだろうと思った。

「死」は決められていますか?

「YES」と思います。100歳を超える長寿の方もいれば、わずか数ヶ月でこの世を去る赤ちゃんもいる。

これは、運命以外の何者でもない。また、それは、逆らうことのできない事。

私の自身の死に方の希望は、苦しみがなく死にたい。爆破にあって木っ端微塵、銃殺のようなのがいいです。

今日は、取り乱して何を言いたいのか、書きたいのかよくわかりません。

明日は、笑って、「んちゃーー」と言いたい。

あ、そうそう、左上の「ゆこゆこ」のクリックしてください。「白いパン」が買えます。

あなたがクリックすることは、「運命です。」「運命に」に逆らってはいけません。

夜露死苦!!!!!!
posted by wind at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。